YouTubeで宇宙大作戦(スタートレック)!

宇宙大作戦(Star Trek)は、1960年代に制作されたアメリカのSFテレビドラマです。

「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは人類最初の試みとして、5年間の調査飛行に飛び立った宇宙船∪.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である」

で始まる宇宙大作戦、毎週ワクワクして観ていました。

宇宙大作戦 オープニング

宇宙大作戦 キャスト

TV版のオープニングでは、カーク船長エンタープライズ号から乗組員を紹介していました。

カーク船長:ウィリアム・シャトナー

宇宙人のスポック副船長:レナード・ニモイ

ドクター マッコイ:デフォレスト・ケリー

ミスター加藤:ジョージ・タケイ

ウラ少尉:ニシェル・ニコルズ

チャーリー:ジェームズ・ドゥーハン

ジェニー:グレイス・リー・ホイットニー

クリスティン・チャペル:メイジェル・バレット

英語版では、ミスター加藤はスールー、チャーリーはスコッティです。

感情的なカーク船長、感情的でないはずのバルカン人と地球人の混血スポック副船長、スポックと毎回やり合っているドクターマッコイ。

みんな個性的なキャラクターでした。

初めて知ったワープ航法、フェイザーガン、あの頃は画期的だった通信機、そして転送機など、本当に衝撃的でした。

あの当時、本屋にあった洋書のSF雑誌に、フェイザーガンや通信機、トライコーダーなどのおもちゃが載っていて、買いたかったけど今のようなインターネットもなく、英語も苦手だった私には買えませんでした。

でもインターネットができるようになって、アメリカのショップから欲しかった物を買いあさりました。

エンタープライズのプラモデルは、当時日本製が発売されていて、いろいろ買いました。

駄菓子屋に50円の小さなエンタープライズのプラモデルも売っていました。

懐かしいですね。

この後、映画版や新スタートレック、DS9、ボイジャー、エンタープライズ、ディスカバリーなどの続編が放映されました。
どれもそれぞれ個性があって、とてもすばらしい!

でも、この宇宙大作戦がスタートレックの原点です!

宇宙大作戦 メカ

宇宙船や武器、ハイテク機器等、興味深いものがたくさんありました。

U.S.S.エンタープライズ NCC-1701:スタートレックの初代エンタープライズ

クリンゴン バトルクルーザー:クリンゴン帝国主力巡洋艦

ロミュラン バード・オブ・プレイ:ロミュラン帝国の宇宙船

フェイザー:船に装備される主要な武器及び銃型の携帯用武器

光子魚雷:船に装備される主要な武器

通信機:クルーたちの携帯通信機

トリコーダー(トライコーダー):小型探査分析装置

転送機:物質をエネルギーに変換して送信し、他の場所で再構築する

ワープエンジン:超光速を可能にするワープ航法に必要な亜空間フィールドを作り出す

デフレクター:船の進路上のチリや障害物を除去する

宇宙大作戦 ビデオ、DVD等

DVD、CD、玩具、書籍はもちろん、食品、衣類、電気製品、雑貨等、数え切れない商品が存在しています。

スター・トレック:宇宙大作戦 Blu-rayコンプリートBOX(ロッデンベリー・アーカイブス付)

新品価格
¥13,860から
(2020/1/22 22:41時点)

Star Trek 1: Cage & Wher [12 inch Analog]

新品価格
¥2,980から
(2020/1/27 14:53時点)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!